サイトについて

「もう着ることのない着物がタンスに眠っているので、売りたい」「高齢の母親に、着物の処分を頼まれた」「亡くなった祖母の着物がたくさん出てきたので、どこかに買取に出したい」など、着物の処分についてのお悩みを持っている方は、意外と多いようです。
せっかく売るのですから、なるべく高額で売りたいですよね。中には希少価値があって、高額な値が付く着物があるかもしれません。着物を処分するなら、着物買取専門店に買取ってもらいましょう。当サイトでは、おすすめのお店もご紹介します。また着物を高額買取してもらうコツや、高額買取されやすい着物、着物の買取相場などもご紹介します。

 

 

目次
1.着物を高額買取してもらうには、着物買取専門店がおすすめ
2.おすすめの着物買取専門店
3.着物を高額買取してもらうコツ
4.高額で売れる着物
5.着物の買取相場はいくら?
着物買取のまとめ

 

1.着物を高額買取してもらうには、着物買取専門店がおすすめ

大切な着物を買取に出すのですから、後悔はしたくないですよね。出来るだけ高額な値段をつけて欲しいですし、買い取った着物を有効活用して欲しいです。それから、買取までの手順があまり面倒なのも困りますね。
着物買取で失敗したくなかったら、リサイクルショップや質屋などではなく、着物買取専門店に出すことが大切です。それはどうしてなのか、ご説明しましょう。

 

★高額買取してもらいやすい
着物はリサイクルショップや質屋に買取りに出すよりも、着物買取専門店に出した方が、買取価格は高額になります。それは着物買取専門店には着物の査定員がいるので、適正な買取価格をつけてもらえるからです。リサイクルショップや質屋には着物の査定員がいないので、高価な着物でも安値をつけられる恐れがあるのです。また着物買取専門店は店舗を持たないネットショップなので、余計な経費がかからず、買取価格に反映できるという利点もあります。

 

★買い取った着物を有効活用してくれる。
買取に出した後に大切な着物がどうなるのか、気になりますよね。着物買取専門店は、着物の販売ルートをきちんと確保しています。買い取った着物は、着物を必要としている人の手に渡るのです。大切な着物がきちんと有効活用されるのは、嬉しいものです。

 

★買取方法が3つある
着物買取専門店には、3つの買取方法があります。
・出張買取 査定員が自宅を訪問し、目の前で着物の査定をします。
・宅配買取 着物を宅配便で送り、査定結果を報告してもらいます。
・持込買取 着物を直接持ち込んで、目の前で査定をしてもらいます。
この3つの中から、好きな買取方法を選ぶことが出来ます。

 

★日本全国に対応
着物買取専門店は、日本全国に対応しているのでとても便利です。出張買取はほとんどの地域に対応していますが、もし対応外の地域にお住まいであれば、宅配買取の利用がおすすめです。着物買取専門店は実店舗と違って対応地域が広いので、利用しやすいのです。

 

★査定から買取までがとても簡単
着物買取専門店は、出張買取または宅配買取を利用すれば、自宅にいて全てが済んでしまいます。着物を持ち運んだりする必要もないので、着物の枚数が多い時は特に便利です。査定から買取までの負担が少ないのも、着物買取専門店の良い所といえるでしょう。

 

★その場で現金が受け取れる
着物買取専門店で出張買取、持込買取を利用し買取を希望した場合は、その場ですぐに現金を受け取ることが出来ます。特に出張買取は自宅にいて査定、買取代金受け取りと全て出来るので、とても便利です。

 

★手数料が無料
着物買取専門店は、出張料、宅配料、査定料は全て無料です。また、査定をしてもらった後に買取してもらわなかったとしても、キャンセル料は一切かかりません。手数料無料も着物買取専門店の魅力で、安心して利用することが出来ます。

 

★複数店の買取価格を比較出来る
着物買取専門店は手数料がかからないので、複数店に査定を依頼することが出来ます。何店かに着物を査定してもらい、その中から買取価格が一番高額だったお店に買取をしてもらうことが可能なのです。ただし宅配買取は、買取希望しなかった場合の返送料は自己負担になりますから、複数店に査定依頼をする場合は、出張買取、持込買取の利用がおすすめです。

 

2.おすすめの着物買取専門店

バイセル(旧スピード買取.JP)

バイセルは、月に1万件以上もの査定を行っている業界大手の会社で、坂上忍さんのコマーシャルでもおなじみです。出張買取、宅配買取、持込買取があり、メールと電話で24時間365日お申し込みを受け付けています。
バイセルはスピードの速さを売りとしていて、出張買取の場合は申し込みから30分で査定員が訪れます。査定員は、商品に対する研修やマナー研修などを多種にわたって受けており、礼儀正しく着物に対する知識も豊富です。
女性のお客様は、男性査定員に訪問されるのは不安かもしれません。そんな場合は女性査定員を指名することも出来ますから、ご安心ください。
手数料は全て無料ですから、お気軽に査定を申し込むことが出来ますよ。

 

※2018年7月1日より「バイセル」は「スピード買取.jp」からへ名称変更致しました。

 

 

福ちゃん

イメージキャラクターが中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻でおなじみの買取店です。福ちゃんは自社で着物のクリーニングとしみ抜きが出来るので、多少汚れのある着物でも、買い取ってもらえる可能性が高いです。

 

買取プレミアム

出張買取、宅配買取、持込買取と、3つの買取方法から選べます。女性の方は女性査定員を指名出来るので、安心です。

 

3.着物を高額買取してもらうコツ

着物を着物買取専門店に買い取ってもらう時に、高額買取してもらうためにはいくつかのコツがあります。

 

★保存状態が良い
着物は年数がたつと、劣化していきます。保存状態が悪いと、カビ、シミ、色落ち、虫食いなどのトラブルが発生してしまいます。それらを防ぐためには、定期的に着物をタンスから出して陰干しをしたり、タンスの中の風通しをしたりするなど、お手入れが必要です。着物の保存状態によって、買取価格は大きく変わります。着物を買取りに出すことを考えている方は、定期的にお手入れをしましょう。

 

★着物の素材
正絹の着物は、買取価格は高額になりやすいです。ウールや化学繊維の着物は、買取価格は低くなりがちです。

 

★着物のデザイン
柄や色が流行りの着物の方が、やはり高額になりやすいです。着物の流行は、10年くらいで変わるといわれています。いずれ売る予定の着物は、あまり年数がたたないうちに売ってしまった方が良いでしょう。

 

★有名作家、伝統工芸品の着物は高額になる
希少価値のあるこれらの着物は、高額の買取価格がつく可能性があります。保存状態に気を配り、きちんとお手入れをしてください。

 

★証紙を用意しておく
証紙は、着物の鑑定書のようなものです。証紙には、正絹シールや織り元の名前、伝統工芸品マークなどが載っていて、その着物の品質がわかります。証紙がなくても買取ってもらえますが、あった方が買取価格は高額になります。

 

★サイズは大きめの方が良い
昔の人は小柄な人が多く、古い着物は小さいサイズのものが多いようです。しかし現代では、平均身長もグンと高くなりました。そのためサイズが大きめの着物の方が需要が高く、買取価格も高くなります。

 

★付属品も一緒に買い取ってもらう
着物には、帯や帯締め、帯揚げ、草履、扇子、巾着などの付属品があります。着物買取専門店ならば、これらの和装小物も買取ってくれます。一式揃っていた方が、買取価格は高くなりやすいですから、付属品も一緒に買取ってもらいましょう。

 

★着物買取専門店に買い取ってもらう
着物を買取りに出すならば、専門店に出しましょう。着物に詳しい査定員もいますし、何といっても他のお店と比べて着物の買取に強いです。リサイクルショップなどに出すよりも、高額で買取ってもらえます。また着物買取専門店は、査定料などの手数料が全て無料です。いくつかのお店に査定をしてもらって、買取価格を比較することも可能です。

 

4.高額で売れる着物

有名作家による着物や伝統工芸品の着物は、買取価格も高額になります。査定に出す前に、どのような着物が高額になるのかを知っておくと良いでしょう。

 

★有名作家による着物
羽田登喜男、久保田一竹、由水十久、斉藤三才、龍村平蔵 など

 

★伝統工芸品の着物
加賀友禅、京友禅、辻が花、西陣織、越後上布、大島紬、結城紬、塩沢紬、牛首紬 など

 

これらの着物は、高額での買取が期待できます。着物の価値をきちんと見極めて適正な価格をつけてもらうためにも、着物買取専門店に買取に出しましょう。

 

5.着物の買取相場はいくら?

着物を買取りに出す前に、着物の買取相場はぜひ把握しておきましょう。着物は需要が高いものほど、買取価格が高くなります。通常は買取価格の高い順から、訪問着、振袖、留袖、小紋の順になります。それぞれの着物の特徴と、買取相場の目安をご紹介します。

 

★訪問着 8,000円〜45,000円
既婚女性が着用する、準礼装の着物です。縫い目をまたいで描かれた絵羽模様が美しい着物です。

 

★振袖 10,000円〜40,000円
未婚女性にとって、格式が一番高い着物です。袖が長く、華やかな柄が特徴です。成人式やパーティーなどで着用されます。

 

★黒留袖 5,000円〜15,000円
既婚女性の第一礼装で、黒地で裾に柄がある着物です。結婚式で親族や仲人夫人が着用します。

 

★色留袖 5,000円〜15,000円
色地が、黒以外の留袖です。黒留袖の次に、格調が高い着物となります。最近では、未婚既婚を問わず着ることが出来ます。

 

★付け下げ(つけさげ) 10,000円前後
訪問着の簡略版というと、わかりやすいでしょう。柄が訪問着のように繋がっていません。

 

★紬(つむぎ) 6,000円〜10,000円
紬糸を織って、作られた着物です。素朴で独特な温かみがある着物で、その土地ごとに特徴があります。

 

★小紋(こもん) 500円〜6,000円
柄が細かく全体に入った着物です。

 

着物買取のまとめ

着物を高額買取してもらうには、着物買取専門店に出すことが大切です。なかでもおすすめしたいのは、バイタル(旧スピード買取.JP)です。手数料は全て無料なので、お手持ちの着物の買取額を知りたい方は、お気軽にお申し込みください。